FC2ブログ
カテゴリ:ミルフィーユ
| ホーム |

ミルフィーユ 5

 江角の口内で不規則に上下に痙攣しながら射精し続けているのがわかる。全身が痺れるように気持ちいい。
 約数十秒だったと思う。江角は流しの方に行っていた間、俺は放心状態だった。
 帰ってきた江角は「大丈夫?」と問いかけながらベッドに座った。俺はだらし無く出しっぱなしだった下半身をのそのそと仕舞いながらベッドによじ登った。
「死ぬほど良かった」
 そう言うと、江角はクスクス笑いながら「そう?」と答えた。そして続けて言った。
「俺も……爽太のキス、死ぬほど良かったよ」
「そう? もう一回する?」
「する」
 俺たちはまた舌を絡めた。
 やっぱり気持ち良い。柔らかくて、それでいてエロい動きをする。

(そういえば……)

 俺は江角の股間に手をやった。
「あっ…ダメっ」

ーーやっぱりだ

 江角の股間は服の上からでも分かるほど熱を持って勃ち上がっていた。
「お前、まだイってないだろ」
「そう…だけど…だから、触っちゃダメ」
 江角は苦しそうに俺の手をどけようとした。俺はその両手をまとめ上げた。
「えっ……ちょっと……やっ」
 俺は優位な笑みを浮かべながら江角のパンツを緩めて引きずり下ろした。
「そんな……っ…だって爽太……男ムリだよっ」
「そう? キス、したよ?」
 俺は紅桜色に染まった江角の肉棒をそっと掴んだ。
「した…けどっ……ああんっ」
 江角はたまらない顔で腰をよじる。
 握った江角の肉棒は先っぽからトロトロと透明な液体が溢れてあっという間に俺の手を濡らしてしまった。
 俺はそれをヌルヌルと上下に扱いてやると、江角の抵抗は弱まり、その代りに腰が上下に動いてきた。
「あんっ…あんっ…きもちぃよぉ……だめぇっん」
「江角……」
「あっ、あっ…りょう…涼…って呼んで」

 ーーそうか……江角の下の名前はそう言えば涼だった

 俺は江角の耳に舌先を差し込みながら「涼」と呟くと「あっ、あっ」と反応しながら腰の動きが早くなっていった。予想外にいやらしい腰の動きだ。この動きを見てるだけで俺の下半身もまた硬さを取り戻してきた。この年になってこんな事は初めただ。
 江角の腰の動きに気を取られてると、力無い手で服を引っ張られた。
 江角の顔を見てやると、薄く涙の浮かんだ目で言葉では追いつかない気持ち良さを伝えてきた。
「イっちゃうよぉ……あぁんっ」
 江角は幼い声で甘えるように叫んだ。
「すごいヌルヌルだ……ほら、こんなに滑るッ!」
 俺は更に力を込めて、自分でいつもそうするように高速で扱いてやった。
「ハァんっ…! すごぃぃ……んッ! ……いくぅんッ! ……いくぅんッ!!」
 江角があんまり気持ちよくイきそうなのを見て思わず唇を塞いだ。その瞬間に俺の手の中で肉棒が膨らみ、白い液体が先っぽから爆ぜた。
 江角の精液は2、3回思い切り空中に飛び、飛沫がボタボタと江角自身の太ももや腹や、俺の腕にまで掛かった。
「ハァ…ハァ……すごい……でちゃたよぉ」
 江角は八重歯を覗かせながら息切れをしていた。





<<4
23:40 | ミルフィーユ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ミルフィーユ 4

「なんか、お前は不思議な奴なんだよ。昔も思ってたけど、今日は改めてそう思ったんだ。正直、すげぇ可愛いと思うし、それは女に対して思う感情と同じで……でも男友達として気が合って楽しいし……でも、実はお前、時々色っぽいからちょっと変にドキドキしちゃったりもしてたんだ。ハハ」
 お酒も回って、思ったより余計に正直に思っている事を喋っている。
「ありがとう……。うれしいっ」
 江角は頬を染めてはにかみながらも、本当に嬉しそうに笑った。
「俺、その笑顔すげぇ好きだわ。可愛い」
 黙れよオレ、もうそれ以上恥ずかしい事しゃべるな。
「なぁ、男と付き合った事あるの?」
 俺の理性は完全に役立たずになっていた。
「……ん……あるよ」
 段々江角の顔が近づいてきた。だが、本当は俺自身が江角に近づいて行っていた。近づくにつれ、江角の可愛い瞳は色香を帯びたものになってきた。

ーーキス、していいか?

 頭の片隅で問いかけた。
 江角の視線は俺の唇を見ている。

ーーキス、したい

 無意識に江角の後頭部に手を回し、そしてクッと髪を下に引いた。すると江角の顎が上がってフッと熱い吐息が漏れた。
 そして俺は江角の唇を塞いだ。
 柔らかい江角の唇は俺の唇の動きに合わせて動いてくる。たまらず一度離し、江角の顔を見た。どんな顔になっているのか見たかった。
 唇を唾液で濡らした彼は蕩けた表情のまま俺を見ていた。そして赤い舌を差し出してきた。

ーー欲しい

 頭の中に直接そう言われた気がした。
 俺は江角を押し倒し、夢中で舌を絡ませた。
 俺の体温は一気に上昇し、このまま射精してしまいそうな程興奮していた。

(クソ、止まらない)

 俺は衝動のままに江角のTシャツを捲り上げた。
「あっ」
 そこには膨らみのない胸があったが、江角の恥じらいと興奮した声に俺の困惑は一ミリも生まれなかった。
 平らな胸元にピンと立ち上がった乳首が想像以上にいやらしかった。俺はそれを両方くにゃりと指で潰してやった。
「やぁ…んっ」
 俺を興奮させるエロい声だ。仰け反るような反応もたまらない。何より、純粋無垢な感じの江角の感じている顔が俺を異常に煽る。いや、俺じゃなくてもこんな顔の江角を見て興奮しない奴はいないんじゃないかと思う。
 俺は力一杯ない胸を掴み、無理やり膨らみを作るとその突起に吸い付いた。
「ひぁあんっ……イイィっんっ」
 俺は普段女にするように江角の両足の間に入り込み、硬く熱を持った下半身を江角の股間辺りに擦り付けた。そこから先はどうしたってやり方が分からない。だが、衝動は止まらずそんな行動に出ていた。

 俺の気持ちが伝わったのか、江角はそっと俺を押しのけ、ゆっくりと反対に俺を押し倒してきた。
 男と付き合った事があると言っていた。俺は江角に身を委ねる事にし、そのままジーンズを半分下された。
 俺の下半身は自分でも驚くほど赤く腫れ上がり、まさに暴発寸前状態だった。
「ハァ……爽太のここ、すごい……硬くて、熱いよ」
 そう言って江角は赤い舌を這わせた瞬間だった。
「アッ…アッ……っ」
 電気が走ったかと思った。
 ヒヤリとした舌先が肉棒にねっとりとまとわり付いたかと思うと、急にギュウと締め付けられ上下に刺激が加えられ、俺は全身に鳥肌が立った。
 悪いとは思いながらも我慢できずに江角の頭を持って腰を動かしてしまった。今までの彼女に同じ事をすれば十中八九、苦しいと怒られていた。だが江角は根元まで咥え込み、締め付け、俺の腰の動きに合わせて上下に動いてくれていた。
 経験した事のない気持ち良さに俺は声を漏らしていた。
「ふっ……アッ……出るッ…出るッ」
 江角は俺がイク瞬間に軽く爪を立てて俺の腰を掴んできた。
「クッ……アァ」
 ゾワリとした瞬間に、俺は思い切り江角の喉奥に射精していた。





<<3     5>>
00:00 | ミルフィーユ | comments (1) | edit | page top↑

ミルフィーユ 3

「へぇ、結構きれいにしてんなぁ」
 というか、大分綺麗にしている。俺の一人暮らしの部屋とは大違いだ。
 8畳ほどの広さの1DKはシンプルに整頓されており、なんの匂いか分からないがいい香りがした。
 俺たちは買い込んだ酒とつまみを机に広げてテレビをつけ、再び飲み出した。
「ねぇ、俺が爽太お持ち帰りしちゃって女子に悪いことしちゃったね」
 悪戯っ子みたいに笑う江角はアルコールで頬が桜色になっていた。

ーーあぁ……もう、可愛いな!

「なぁ、江角は彼女いんの?」
「んー、今はいないよ。三年前くらいはいたけど」
「へぇ」
 江角が彼女と付き合う想像をすると、どうしても女同士のお買い物のイメージが浮かんでちょっと笑えた。
「何笑ってんの」
「いや、別に」
 かと言って、オカマ、と言ったら偏見になるだろうが、女みたいだとも思えない絶妙な中性感がある。不思議な奴だ。
「そういえば俺ら、大学の時は別に仲良いって程仲良くはなかったよな」
 俺はふと思い出して言った。
 そうだ。適度に喋るが特に仲が良かったわけじゃない。
「そうだね……でも俺、今日はなんだか爽太ともう少し一緒に居たい、って思った」
 江角はそう言ってビールを一口飲むんで間を置き、そして俺をチラリと見た。

(ヤバい。ヤバいヤバい。これはおかしいだろ……。よく考えろ、相手は男だ)

 女だったらもう有無を言わさずキスしている雰囲気だ。江角の表情も態度も、誘っているとしか思えない。
 俺自身、期待してたとしか言いようがない行動だ。故意的に別の路線に乗った自分をイメージした。
 だが、抗えない引力が江角にはある気がした。それは6年前より遥かに強大な魅力となっていた。消えそうな理性を手繰り寄せる為に、俺は胸のポケットのタバコを掴んだ。
「悪い、換気扇の下貸して」
 そう言って立ち上がると、ふとラックの上に同じ銘柄のタバコを見つけた。
「それ、友達が忘れてったやつなんだ」
 俺の視線に気づいた江角が俺の疑問に答えた。
「ああ」

(落ち着け。一先ず一服して、なにか楽しい話をしよう。そうだ。それで寝ちまおう)

 俺は少し冷静になるとまた江角の隣に座った。
 他愛のない話をしているのに、楽しい。それに、横で笑う江角がやっぱり可愛くてずっと見ていて飽きない。
 江角も先程まで時折見せていた色気のある顔を見せなくなった。普通に話していも趣味も合う事がわかり、話がとても盛り上がった。江角は思っていたよりもサッパリとした性格で、ノリもよく普通に男っぽかった。

ーー俺は本当に今までコイツの事をよく知らなかったんだな。

 もっと早く中身を知っていれば大学時代から仲良くなれたかもしれないと、少し後悔した。

 そして丁度変な緊張も取れた時だった。俺は悪ノリをしたんだと思う。さっきまでだったら絶対にしないような質問をしてしまった。
「江角ってさ、男イケるの?」
 俺は、江角はてっきり笑いながら去なす事を想像していた。だが、江角は口に笑みを浮かべたまま、目は合わせずに答えた。
「そうだね。俺は、男も女も愛せるよ」

(え……え?!)

「え……あー…そうなの? え、バイ…ってこと?」
 何となくマズイ質問をしてしまったと焦り始めた。
「うん。そうみたい」
 江角はずっと視線を酒の缶にだけ合わせて答えていた。
「そうみたいって……」
「大学の時は違ったんだ。多分ね。気づかなかったというか。卒業して少ししてからかな。気づいた…っていうか、気づかされたというかね。へへ」
 俺の方を漸く向いて笑った顔がとても寂しそうに見えた。俺は表現できない衝動に駆られそうになった。
「びっくり? ……それともやっぱり、って感じ?」
 今度はまっすぐ俺を見た。
 嫌悪感はーー全くなかった。
「驚いた、けど。でも納得というか……そんな感じかな」
 俺は正直に答えた。





<<2     4>>
02:07 | ミルフィーユ | comments (0) | edit | page top↑

ミルフィーユ 2

 「彼女、今日爽太が来るっていうの楽しみにしてたよ」
「えっと……確か……江角」
「そう、よく覚えてたね」
  江角は柔らかい桜みたいな笑顔を咲かせた。

(ああ……いいな……)

 ずっと見ていたいと思う可愛い笑顔だった。
 昔からサークル内でも可愛いと言われていた彼は小柄で中性的で、物腰が柔らかい中性的なキャラも手伝って男女関係なく好かれていた。
 俺は昔思っていた彼に対する可愛いと思う気持ちが蘇って懐かしい気持ちになった。好みは変わらないらしい。
 江角は目が大きい西洋的な可愛さとは反対の、東洋系の可愛さの外見だった。奥二重の、猫のような瞳にキュッと上がる唇と間から覗く八重歯が愛くるしい。細い顎とスッと通った鼻が彼の線の細さを強調しているようにも見える。それに加えて少し短めの前髪が幼い感じを演出していて年下にしか思えない。大学生の頃はいつも高校生に見られていたほど元々童顔だ。
 それにしても……。

「何か、江角は変わらないな」
 素朴な感じというか、純粋な感じというか。
「そう? 爽太も相変わらず格好いいよ」
 本当、気持ちのいい声だ。
「爽太は今どこに勤めてるの? 彼女はいるの?」
 久し振りに名前で呼ばれて心臓をくすぐられる感じがする。サークル内では名前で呼び合うのが普通だ。
「あぁ、俺は今NEPの企画部にいたんだけど、この間営業部に移ったんだ。彼女はもう6年近くいないよ」
 そう言うと俺はタバコを取って江角に目配せして吸っていいか許可を取った。江角はキュッと口角を上げて頷いてくれた。
「マルボロの金」
 江角が呟いた。
「ん? お前も吸うの?」
 俺はタバコを差し出すと「んーん。違うけど、それ吸う人少ないよね」と言った。
「ああ…そうだな」
 俺は煙を江角と反対の方へ吐き出した。
「それにしてもそんなすごい会社に入ったのに、彼女が随分長い間いないなんて意外だね! モテるだろうに」
 江角はワントーン高めの声でそう言った。爽やかなミントのような声だ。
「いや、モテないよ。何か……好きな人を探す、ていうか、好きになれそうな人を探すのに疲れて、自然に任せて忙しくしてたらこんな時間経ってた」
「そうなの? もったいない」
 江角はそう言うと両手を後ろの方につき、今度はワントーン低めの声でそう言った。
 1、2秒位だったと思う。だが、俺の中の時間では5、6秒彼を見つめ返していたように感じていた。
 江角がやけに色っぽく見えたのだ。それまでの愛らしい笑みとは別の、しっとりとした……薄紫の藤のような笑顔。

ーー今日、もう少し一緒に居たい。

 俺は本能的にそう思った。
「なぁ、お前、今日何時に帰るの?」
「んー、明日休みだし別に何時でも大丈夫だよ。家もここから20分かからないし」
「え、近いね。どこ?」

(おいおい、会話の流れが完全に狙った女子のお持ち帰りだぞ)

 俺はとにかく目の保養をしたかった。何故ならそんな気持ちになる相手もここしばらくいなかったからだ。
 目の保養なら他の女子もいたが、俺には彼女らの見え見えのあざとさで興ざめだった。
 それに相手が男だから、などという基本的な感覚も酒が入っていたせいか、あまり気にならなかった。

 結局二次会に行くメンバーと別れて、俺たちは帰ると見せかけて江角の家で飲む事になった。
 妙な背徳感と高鳴る気持ちが交差して俺の心拍数を上げた。






<<1    3>>
00:16 | ミルフィーユ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑