FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

悪魔と野犬ノ仔 49話

「それにしても……なんだそのいやらしい動きは」
 水無月は潤ませた目を要に向けながら誘うように尻をゆっくり上下にうねらせていた。
 要はほんのり赤く色づいた蕾部分に顔を近づけると、フッと熱い息を吹きかけた。
「んっ」
 水無月はキュッと目を瞑ると長い睫毛も一緒にキュッと上に上がった。
 要はそこに舌を伸ばしゆっくりと回す様に這わせると、閉じていた蕾は開いて大きく花びらが開いた。
「ああんっ……ぃぃぃ」
 水無月は泣きそうな声で小さく肩を震わせた。
 その様子を見た要は、何だかんだと言っていてもずっと我慢して待っていた事が伺えて堪らなく水無月が愛おしくなった。
 要は舌先を硬くすると、勢いよく蕾の中に侵入させた。
「はぁあんっ」
 中に入れた舌は味わうように内襞を隈なく味わった。懐かしい水無月の味は昔よりもずっといやらしい大人の味がして要の脳を痺れさせた。
 要は舌で蕾を攻めながら左手で水無月の可愛らしい玉を、右手で濡れきった肉棒の先をカリカリと軽く引っ掻いた。
「はっ……はんっ……はあっんっ」
 水無月はビクッ、ビクッと腰を小刻みに反応させ、快感に崩れないように絨毯を掴んでいた。
「だ……だめ、兄ちゃん……出ちゃう……っ」
 水無月はやっと要から逃げる様にして一旦離れると、そのまま向きを変えて要の足の間に入った。
「服、ぬいで。兄ちゃんの身体が見たい」
 要は黙ってシャツを乱暴に脱いだ。一旦引っ掛かった髪は乱れて顔に掛った。真っ直ぐ首から伸びた鎖骨が浮かび上がり、引き締まった腕の筋肉が力を入れていなくてもあるのがよく見えた。
 水無月は要の気怠い美しさと雄を感じさせる身体つきを見て再びだらしなく肉棒の先から液体を溢れさせた。
「下も……下も脱いで……見せて」
 要はガチャッとベルトを外し、立ち上がるとゆっくりとジーンズを脱いで見せた。
 黒いボクサーパンツは硬化して真上に立ち上がった要の肉棒の形をそのまま浮かび上がらせていて、それが裸で見るよりも異様にいやらしく水無月を興奮させた。
「すごい……すごいよ兄ちゃん」
 マタタビに陶酔した猫のように、水無月はゴロゴロと要の身体にすり寄り引き締まった腰回りに抱き付いた。
 柔らかな水無月の掌はゆっくりと要の腹筋を撫で、そのまま乳首に伸びた。要がそうするように、水無月も要の尖りに吸いつき舌先で転がした。要の身体は一瞬ピクっと反応し、水無月は目を上に上げた。
 要は少しだけ困ったような顔をしながらも息を短く上げていた。
 水無月は要のその顔に興奮して要のボクサーパンツを引きずり下ろした。目の前に猛々しい肉棒が現れ、既に水無月と同じように濡れて艶めいていた。
 水無月は膝をつき、要のそれに鼻を近づけてクンと匂いを嗅いだ。するとまるでそこから強い媚薬成分が発せられていたかのように、水無月の脳内がクラっと揺れた。途端にズクン、と強い疼きが身体の内側から波のように押し寄せ水無月は蕩ける様な目つきに変わった。
 水無月がそこに舌を伸ばそうとすると、要はグッと逃げようとした。
「兄ちゃん……大丈夫。何も考えないで……僕が兄ちゃんの怖いの、全部吸い取ってあげるから」
 要はそれ以上は抵抗せず、少し緊張していたのか身体を強張らせながら水無月の髪を軽く掴んだ。
「怖くないよ」
 水無月は、まるで病院に来る犬に初めて注射をするように要を宥めながら舌をそっと這わせた。




<<前へ      次へ>>



★拍手コメントのお返事はボタンを押して頂いた拍手ページ内に致します。
  拍手秘コメの場合は普通コメント欄にてお返事致します。m(_ _)m

web拍手 by FC2
画像5種ランダムあり(*ノωノ)
00:00 | 悪魔と野犬ノ仔 | comments (0) | trackbacks (1) | edit | page top↑
悪魔と野犬ノ仔 50話 | top | 悪魔と野犬ノ仔 48話

コメント

コメント

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kikyo318d.blog76.fc2.com/tb.php/673-aaf95097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真夜中のユートピア 悪魔と野犬ノ仔 49話
2013/10/19 (Sat) 18:16 | グッチ 財布
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。