FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

悪魔と野犬ノ仔 50話

 水無月は濡れた赤黒い要の肉棒を裏側から滑らせるように舐めた
「すごいヌルヌル」
 ずっと欲しかったと言わんばかりにうっとりとした表情で熱い要の肉棒に吸いつく水無月の刺激に要は思わず腰を突き出し首を逸らせた。
 水無月はチュクチュクと音を立てながら先端から溢れる液体を吸った。
「ミ……ナ……っ」
 要の眼光が一瞬光ったように見えた時、水無月の身体は一瞬でベッドに押し倒されていた。
 一時はもう一生ないと思っていた要が上になるこの体勢が今再び体験出来て、水無月は嬉しさに両手を伸ばした。
 伸ばされた水無月の両手に誘われる様に、要はゆっくり水無月の上に重なり、そして力強く抱き締めた。
 互いの体温を直接感じると、要は驚く程嬉しさが込み上げてきた。触れれば穢すと思っていたが、実際はこんなにも安心し不安分子を浄化する事が出来る事が分かった。
 水無月は要の身体の中に溶け込んでしまいたい気持ちでギュウギュウと懸命に抱き付いた。だがそんな事をしているとふと気を抜いていた後ろの蕾部分に火傷してしまいそうな熱さを感じてビクリとした。
「あっ…待っ……! ……んんっ」
 要は怯んだ水無月の言葉を唇を押しつけて塞いだ。
「んんーっ……待っ……や……っ」
 逃げようとすればするほど絡みついてくる要の舌が気持ち良くて、水無月はどんどん力が抜けてきた。抵抗しようとして浮かせた腰はそのまま押さえつけられ、水無月の蕾に押し付けられた熱はそのまま強引にゆっくりと侵入してきた。
「あっ……あっ……なかにっ」
 水無月は身体中が粟立ち、侵入してくる肉棒に手を伸ばした。二人の液体で濡れた要の肉棒はまだ半分程しか入っていなかった。
「すご……い……入ってきてる……んっ」
 水無月は要を見ながら残りの半分の肉棒をヌルヌルと手で扱き、卑猥に揺れる要の大きな玉をやわやわと揉んだ。
 そんな悪戯をしていると、急にパンッと大きな音を立てて要が一気に最後まで肉棒を突き挿した。
「あああッ!」
「お……前が悪いんだぞ……っ……俺を煽るから」
「はぁあんっ」
 水無月は下半身に痺れるような少しの痛みと内部に広がる甘い刺激に上半身を弓なりに逸らした。
 要は突き出された水無月の乳首に吸いつき、そのまま腰を振り出した。
 水無月の身体は大きくシーツを上で上下に揺さぶられ、水無月の肉棒から溢れる液体は自身の腹を広く濡らした。
「はぁあっ……あんっ……やっぱ…りっ……お兄ちゃんの……すごいぃ」
「オモチャと比べてんじゃねぇよ」
 要は「お仕置きだ」と言って肉棒を突き入れたまま水無月の身体をグルリと回転させた。
 水無月は内部を肉棒でグルリと回転しながらなぞられ、ついその刺激で少し射精をしてしまった。
「きゃあんっ」
 要はそれを無視しそのまま水無月を四つん這いにすると、先程よりももっと大きな音を立てて腰を打ち付け始めた。
「キャンっ……キャンっ……キャンっ」
 水無月は腰を打ちつけられる度に高く甘い犬の鳴き声とも違う声を上げて汗を飛ばした。
 いつの間に、何度射精したのかさえ分からない程断続的に快楽に身体を揺らせていると、水無月の腰がガクガクと震えだし、要はそれを見てニヤリと笑いながら唇を舌で濡らした。
「ミナ、中が痙攣してる」
 急に耳元でそう囁かれて水無月はまた身体をザワつかせた。
「また乳首が硬くなった」
 要が爪の先で水無月の乳首をキュッと摘まみ上げた。
「やあんっ、イクうんッ」
「もう出ないだろ」
「イクうぅん」
 水無月は頭を左右に振り、口端から唾液を零れさせながら腰を揺らした。
「じゃあもっとイけよ」
 要は後ろから水無月の肉棒をグチュグチュと容赦なく扱き始めた。
「やっ……そこ、だめっ……だめえええ」
 既に射精し終わったそこは想像以上に刺激が強くどうにかなってしまいそうだった。それでも打ちつけられ続ける要の腰からは逃げられず、水無月はより大きな声を上げる事でしか刺激から逃げる事が出来なかった。
 そのうちに尿意とも違う何かが爆発的に体内から湧きあがってきたのを感じた。
「ひぃぃぃっ」
 要は意地の悪い笑みを浮かべながら更に力強く水無月の亀頭を扱いた。水無月の肉棒は真っ赤に染まり先端の口がパクパクと息継ぎでもするように開いたり閉じたりしていた。
 水無月は「ハッ……!」と息を一瞬吸うと爪先をピンと伸ばして尻をクンと突き出した。
 次の瞬間扱いていた要の掌にサラサラとした水のようなものが水無月の肉棒から溢れ卑猥な水音を更に大きく響かせた。そして女性でいうところの潮が思い切り水無月の肉棒から吹き出た。
「ひィィああぁやああんッ」
 要は我慢が効かず「クソ……!」と呟くと水無月の肉棒から手を離して尻たぶを強く掴んだ。そのままベッドごと揺らす程腰を動かすとそのまま水無月の中で射精した。





<<前へ      次へ>>




ちょっと私事で一週間程お休み頂いてしまってすみませんでした。
完全復活したので後少しですがまた続けたいと思います!
ありがとうございました(*´∇`*)

★拍手コメントのお返事はボタンを押して頂いた拍手ページ内に致します。
  拍手秘コメの場合は普通コメント欄にてお返事致します。m(_ _)m

web拍手 by FC2
画像5種ランダムあり(*ノωノ)
00:00 | 悪魔と野犬ノ仔 | comments (2) | trackbacks (1) | edit | page top↑
悪魔と野犬ノ仔 51話 | top | 悪魔と野犬ノ仔 49話

コメント

けいったんさま
> ミナを愛し 信じていれば、恐れる事も無かったんだよ、要
>
> 今 深く結ばれて 体も心も 浄化されたでしょ♪

そうですね(*´∀`*)
案ずるより産むが安しって事ですね♪
その時には夢中になっていましたが、それが返って良かったようです(笑)

> 要とミナの「R」シーン、エロイのは エロいけど(笑)。。。
> 単純に体の結びつきだけでは無い 心と心の契りを感じる 神聖な儀式のようです。

(*ノωノ)ポッ
エロいとのお言葉、嬉しいです♪ ←
おおお……儀式!確かにそんな感じもしますね(*´∇`*)
お清めの聖水も吹き出……(自主規制
でも身体を思いきって繋げてみる事で相手が受け入れてくれる事がどんどん分かって、
要も安心して心と身体をミナに預ける事が出来るって分かったと思います(*´д`*)

> 要の憂いが これで きれい さっぱりと無くなればいいね~
> 悪夢退散!御払いの塩マイトコ!(,,`・ω´・)ノ∵'・∵...byebye☆ 

はっ!∑(°ロ°*)
けいったんさまからもお清めの塩がっ! (ヲイ(笑)
しかしこれで悪夢からは解放されると思います♪

コメントどうもありがとうございましたe-415
桔梗.Dさん | 2013/07/30 00:16 | URL [編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
さん | 2013/07/29 10:09 | URL [編集] | page top↑

コメント

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kikyo318d.blog76.fc2.com/tb.php/674-ccdf74ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
真夜中のユートピア 悪魔と野犬ノ仔 50話
2013/10/19 (Sat) 18:16 | グッチ アウトレット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。